うめわかまい めざせ!TOKYO2020パラリンピックうめわかまい めざせ!TOKYO2020パラリンピック

夢は、2020年の東京パラリンピックに出場することです。

Mai Umewaka(梅若舞選手の手書きサイン)

梅若 舞うめわか まい

Mai Umewaka
安藤眼科医院
サポート選手

プロフィール

種目:
100m(クラスT20) 走り幅跳び(クラスT20)
生年月日:
1996/02/20
神奈川県小田原市在住
ベスト記録:
100m 13秒81 (2017日本ID陸上競技選手権大会)
走り幅跳び 4m42㎝ (2015神奈川県障害者スポーツ大会)
<日本ID陸上競技選手権大会 100m 3位の表彰写真>
何よりも走ることが好きであった梅若舞選手は、県立小田原養護学校陸上部に在籍以来、陸上を続けてきました。
現在は、㈲湘南ライテック社に勤務しながら、小田原アリーナで養護学校時代から指導を受けている伊勢原養護学校教諭 宇佐美大輔コーチのもと日々の練習に励んでいます。
医療法人社団安藤眼科医院では、梅若舞選手の競技活動をフルサポートし、共に2020年の東京パラリンピックを目指します。
皆様も梅若舞選手の応援をよろしくお願い致します。

梅若 舞選手より
みなさまへ

ここ1~2年満足に練習することができず、記録が低迷していました。選考基準(100m 13秒60)に足らず日本代表候補から外れてしまい、悔しい思いをしました。
今シーズン、100mでは出場する大会ごとに自己ベストを更新、走り幅跳びでもようやく自己ベストに近い記録が出せるようになってきました。
夢は日本代表選考基準をクリアし、1日も早く日本代表に復帰し、2020年の東京パラリンピックに出場することです。
みなさまの応援をよろしくお願い致します。

宇佐美 大輔コーチ
よりみなさまへ

記録が低迷し、日本代表候補から外れてしまい梅若は本当に悔しい思いをしていました。その悔しさを力とし、今年はしっかりとトレーニングも行い、100mでは自己ベストも更新しました。梅若は神奈川県で唯一、日本代表を目指せる選手なので、まずは日本代表候補の選考基準を再度クリアし、2人の最終目標である東京パラリンピックに向けて頑張っていきます。
夢は梅若を『世界の梅若』にすることです。
みなさまの応援が、梅若の背中を後押しします。よろしくお願い致します。